閉所恐怖症


閉所恐怖症というのは、その名前の通り、閉ざされた場所とか狭いところにいると恐怖や危険を感じる症状のことです。

原因には、やはり幼い頃の体験や記憶が関わってくることが多いですね。

狭い場所に閉じ込められた恐怖の記憶などは、大人になってからも中々忘れられるものではありません。

また、大人になってからでも、何か事件や事故に遭って、狭い部屋とかエレベーターなどに閉じ込められ、怖い思いをすると、それがきっかけで閉所恐怖症になることがあります。

そして、いったん落ち着いて、普段の生活をしていても、ある日何かのきっかけでその時のこと思い出して、急に恐怖心が襲ってくることがあります。

それが、楽しいはずの旅行でも、例えば高い塔にあるエレベーターに乗っている時でも観光客でごった返して混んでいる時とかに、ふとその時の恐怖が襲ってきて、それからエレベーターに乗れなくなるとかいうこともあります。

満員電車もそうですね。

狭いというよりも、身動きがとれない状況に陥ると、パニックになることが多く報告されています。

タグ:閉所恐怖症


★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!