嘔吐恐怖症


嘔吐恐怖症という症状が有ります。

これは、自分が嘔吐してしまうのでは…という恐怖心だけでなく、他の人が嘔吐しているのをみても、嫌悪感というよりも恐怖心を感じてしまうものです。

ある意味、パニック障害にも入るかもしれません。

また、うつ病を併発する危険も出てきます。


嘔吐恐怖症になる原因としては、やはり幼いころの記憶が関わってきます。

例えば、実際に自分が嘔吐してしまい、それがかなり苦しかったり、そのことを強く責められた記憶がトラウマとなっている場合です。

自分が嘔吐するのが怖いために、風邪とかで体調を崩して、吐き気がしても、嘔吐することに対する恐怖心が強すぎるために、嘔吐出来ずに、ますます苦しむことになります。

時には、身体が震えたり、めまいがしたり、動悸がしたりと事態は悪化してしまいます。


その原因によって、自分の嘔吐に対してだけとか、他人の嘔吐に対してだけとか、両方に恐怖心を抱くとその出方も人によって違ってきます。

進んでくると、外出も出来なくなってしまいます。


今では、吐き気を軽くするための薬などもあります。

状況によっては、早めに病院に行き治療を受けましょう。


★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!