先端恐怖症とは


先端恐怖症とは、名前からも想像つくと思いますが、先が尖っているようなもの、例えば、ハサミやナイフ、包丁などに対して恐怖心を抱く恐怖症のことです。

俗言う刃物だけではなく、針とか鉛筆などにも恐怖を感じ、身動きが取れなくなることもあります。

しかし、ハサミとか針とかだと先がとがっていますが、それだけではなく、人の指のようなものでも先端恐怖症の症状が出る場合もあるので大変です。

これはうつ病の症状のひとつにもあります。


この恐怖症の症状も、人それぞれ違いがあり、重度の場合には、パニックを起こすこともあります。


肉体的だけでなく精神的にも疲れがたまっている時とか、ストレスがかなり重なってしまったりしたり、寝不足の時などに、発作というか、症状がでやすい傾向が有ります。


対処方法は、病院の治療で抗うつ剤や精神安定剤を処方してもらう、まずは気持ちをおちつけさせる方法が一般的です。

普段から、好きな音楽を聴いて、気持ちを落ち着かせる時間を作ったり、ゆったりと半身浴して心も身体もリラックスさせる時間を設けたりして、このような症状が出にくくなるような対処をしてみましょう。




★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!