ピエロ恐怖症


ピエロ恐怖症というのをご存知ですか?

あのサーカスなどで活躍するおどけ役のピエロ(クラウン)に対する恐怖症です。


ピエロというのは、かなり奇抜な色彩の衣装を着ていて、しかも動作も独特ですね。

楽しく人々を笑わせる仕事ですが、その反面なんだか物悲しい、そしてちょっと怖いイメージもあります。

そのため、ピエロを見ていると、その内面性に対してか、不安感をや恐怖感を覚える人がいます。


原因としては、やはり、小さい時にピエロの演技で怖い思いをしたり…ですが、日本の場合には、それほどサーカスなどは一般的じゃなく、どちらかというと、ヒーローショーなどの悪役にそれを重ねる場合があります。

小さい時にショッピングセンターや遊園地などで行われるヒーローショーなどで、よく悪役が子供を抱いてステージ上にさらっていく場面とかがありますね。

あの時に恐怖心を抱いてしまい、大泣きしたトラウマなどが後々残り、その後、ピエロにその姿を重ねてしまい、恐怖心を覚えるという例が報告されています。

さすがに、大人になってからピエロに会って、大泣きするなんてことはありませんが、それでも、急に不安な気持ちが強くなったりするようです。


あのアメリカの俳優、さんも、ピエロ恐怖症だそうです。

アメリカは日本よりもサーカスが盛んで小さいころからよく出かけていて、そこで出あったピエロに恐怖心を抱きそのまま成長するという例は多いようです。




★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!


先端恐怖症とは


先端恐怖症とは、名前からも想像つくと思いますが、先が尖っているようなもの、例えば、ハサミやナイフ、包丁などに対して恐怖心を抱く恐怖症のことです。

俗言う刃物だけではなく、針とか鉛筆などにも恐怖を感じ、身動きが取れなくなることもあります。

しかし、ハサミとか針とかだと先がとがっていますが、それだけではなく、人の指のようなものでも先端恐怖症の症状が出る場合もあるので大変です。

これはうつ病の症状のひとつにもあります。


この恐怖症の症状も、人それぞれ違いがあり、重度の場合には、パニックを起こすこともあります。


肉体的だけでなく精神的にも疲れがたまっている時とか、ストレスがかなり重なってしまったりしたり、寝不足の時などに、発作というか、症状がでやすい傾向が有ります。


対処方法は、病院の治療で抗うつ剤や精神安定剤を処方してもらう、まずは気持ちをおちつけさせる方法が一般的です。

普段から、好きな音楽を聴いて、気持ちを落ち着かせる時間を作ったり、ゆったりと半身浴して心も身体もリラックスさせる時間を設けたりして、このような症状が出にくくなるような対処をしてみましょう。




★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!


嘔吐恐怖症


嘔吐恐怖症という症状が有ります。

これは、自分が嘔吐してしまうのでは…という恐怖心だけでなく、他の人が嘔吐しているのをみても、嫌悪感というよりも恐怖心を感じてしまうものです。

ある意味、パニック障害にも入るかもしれません。

また、うつ病を併発する危険も出てきます。


嘔吐恐怖症になる原因としては、やはり幼いころの記憶が関わってきます。

例えば、実際に自分が嘔吐してしまい、それがかなり苦しかったり、そのことを強く責められた記憶がトラウマとなっている場合です。

自分が嘔吐するのが怖いために、風邪とかで体調を崩して、吐き気がしても、嘔吐することに対する恐怖心が強すぎるために、嘔吐出来ずに、ますます苦しむことになります。

時には、身体が震えたり、めまいがしたり、動悸がしたりと事態は悪化してしまいます。


その原因によって、自分の嘔吐に対してだけとか、他人の嘔吐に対してだけとか、両方に恐怖心を抱くとその出方も人によって違ってきます。

進んでくると、外出も出来なくなってしまいます。


今では、吐き気を軽くするための薬などもあります。

状況によっては、早めに病院に行き治療を受けましょう。


★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!