女性恐怖症とは


女性恐怖症という病気を聞いたことがありますか?

女性に対して恐怖心や嫌悪感を抱くものです。

一般的に男性に多いのですが、女性でもこの症状を訴える人がいます。


原因として考えられるのは、一般的には幼い時に母親から虐待を受けたケースが多いです。
母親ですから、基本的に嫌われたくないし、嫌われたら生きていけないケースもあるわけです。

しかし、母親はそんな気持ちを知ってか知らずか、虐待をし続け…その結果、いつの間にか母親=女性というイメージで、女性全体に対して嫌悪感を抱くケースです。

そして、次に報告されているケースでは、女性から性的虐待を受けたことがトラウマとなっている場合です。

年齢ともに、次第にその不快感が薄れる場合もありますが、成人してからもいつまでも、女性に対する恐怖感が消えない場合には、精神的な異常も考えられますから、心療内科などでのカウンセリングや治療を受けてください。


自分の精神状態を安定させるために、わざと男子校とか男性だけの職場を選んだりする傾向があります。

女性と交際することも、結婚することも望まないことがあります。



★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!


対人恐怖症なのかどうか


対人恐怖症に悩む人も増えています。

人とのコミュニケーションがうまく取れないということや、話をするのが苦手という程度の人ならたくさんいますが、実際に恐怖症かどうかとなると少し話は違ってきます。


まず簡単なチェックをしてみましょう。

・人前で、話をするのが極端に苦手である。
・人前に出ると、特にスピーチなどの時には頭が真っ白になる。
・人前に出ると、声が震えてしまう。
・人に見られていると食べられない。
・人がいると電話に出ることが出来ない。

などの項目が挙げられます。

例えば、人と接する時に、顔が真っ赤になるというのは、赤面症ですが、対人恐怖症の一種とも分類されることがあります。

赤くなったことを人から指摘されるなどのきっかけから本当の恐怖症になるケースも報告されています。

人と会うと、緊張してしまい、どう接して良いのか、どこに目をやればよいのか視線の先の行き場に困ったり、どうコミュニケーションを取って良いのか分からない、、というなやみにつながっています。




★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!


高所恐怖症の場合


高所恐怖症というのもよく耳にします。

恐怖症の中でも、特にこの高所恐怖症の場合には精神科に通うべき不安障害になります。

とは言っても、中には、単純に高いところが苦手だから、自分は高所恐怖症であると話す人もいます。

単純に苦手なだけなら、≪高所恐怖癖≫と言います。

実際に高所恐怖症の場合には、少しでも高いところに行くと、危険を強く感じて異常行動をとったり、全く動けなくなったりします。

高所恐怖癖の場合には、怖いけれど…と言いながら、自分からなんとか高い場所に行くことは可能ですが、高所恐怖症の場合には、強制的に連れて行かされるのならともかく、自分から進んでいくことは出来ません。

精神状態も不安定になり冷静な行動が全くとれなくなります。

あなたは、どちらですか?


さて、逆に、高いところで暮らしていたとかなどの理由から、高いところが全く平気であるという人もいます。

高所平気症≫と言います。

しかし、この場合も高いところに行っても、危険を感じないために逆に危ない目にあうこともありますし、精神状態も正常に機能していない場合もあります。




★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!