恐怖症の種類


恐怖症と一口に言っても、実に様々な種類の恐怖症があります。

よく聞かれるものに、狭い場所とか閉ざされた場所にいると恐怖を感じる閉所恐怖症。

その逆に広い場所にいると怖さを感じる広場恐怖症。

この広場恐怖症の場合は、例えば外出先や旅行に出かけた先で、何かのパニック状態に陥ったことがあると、トラウマになり同じような所に行くと、恐怖感を抱いたりします。

これは、パニック障害の初期段階とも言われます。


高い場所にいると立っていることも出来ない高所恐怖症。

逆に低いところに居ると怖さを感じる低所恐怖症。

暗い所に居られない暗所恐怖症。

これら以外にも、飛行機に乗ると恐いと感じてしまう飛行機恐怖症や、人間全体・人そのものに恐怖心を抱いてしまう対人恐怖症。

男性に対して恐怖心を抱く男性恐怖症や、女性に恐怖を抱く女性恐怖症。

動物に恐怖を抱く動物恐怖症。この動物の場合にも、犬だったり猫だったり特定の動物の場合が多いようです。

植物恐怖症というものもあります。


また、自分の体にこだわりすぎたために起きる身体醜形恐怖症というものもあります。

これは脅迫障害の一環とされています。

タグ:恐怖症


★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!


恐怖症とは


恐怖症という言葉だけでは、まだピンとこない人もいるようですが、実際に恐怖症にかかってしまった人は増えています。

そもそも恐怖症とは、誰か人物とか物事などに対して過剰に恐怖心を抱いてしまう精神的疾患のことです。

実際になってみないと、なかなかその大変さは他人には分かってもらいにくく、そのために余計にその恐怖心が強くなる傾向もあります。

恐怖症は一般的に、大きく三つに分類されます。

単一恐怖
社会恐怖
広場恐怖

です。


例えば単一恐怖とは、犬とか虫とかのような何か特定の一つにだけ恐怖心を感じることです。


犬に一度追いかけられたトラウマが有ると、小さな可愛い犬でも、犬というだけで怖がってしまい、そばにも寄れないことがあります。

また、一度事故か何かで狭いところに閉じ込められた経験があると、閉所恐怖症というように、狭いところが駄目になったり、高い所が駄目な高所恐怖症などが挙げられます。


一般的に男性よりも女性の方がかかりやすいようです。それも年齢には関係なく、ほんのちょっとしたきっかけで発症することが報告されています。



★あなたの恐怖症は、≪自宅≫で、≪1人≫で 克服することが出来ます!

    ⇒  恐怖症改善60分チャレンジ!